MENU

スカルプケアの基本的な考え方

スカルプは頭皮のこと、ケアはお手入れのこと。

 

スカルプケアの基本的な考え方は、エイジングケアで、頭皮も顔から続く肌の一部になります。

 

つまり、肌のエイジングスキンケアと同じように、頭皮の若々しさ、エイジングを意識するのが、スカルプケアの基本的な考え方になります。

 

頭皮のターンオーバーの乱れによる毛穴の汚れを解消し、頭皮の潤いをアップさせ、固くなっていく頭皮を改善します。

 

つまりスカルプケアというのは、簡単に言うと、頭皮のお手入れをどのように行うかということです。

 

 

スカルプケアの方法

髪の毛の健康は、髪の表面にトリートメント剤を塗ったり、ブラッシングすることだけではありません。

 

髪の毛の生えてくる根本の毛穴や頭皮をしっかりケアすることこそが重要で、いかにして、髪の毛を美しく健康に保つかが、スカルプケアの基本的な考え方になります。

 

髪の毛の土壌ともいえる頭皮を健やかに保つことができなければ、髪の毛を健康にすることはできません。

 

毛穴につまった余分な皮脂や汚れを取り除くことがスカルプケアの基本であり、そうすることで、薄毛、抜け毛、枝毛、切れ毛、フケ、かゆみなどのトラブルに対応できるのです。

 

スカルプケアには、頭皮の血行を促す考え方もあり、それにより、毛乳頭細胞を活性化させて髪の毛を成長させ、薄毛を改善します。

 

そういった点からも薬用シャンプースカルプDは、

 

毛穴につまった余分な皮脂や汚れを取り除く

 

効果は充分期待できます。

 

ですが、それだけで髪の毛が生えてくる,抜け毛が減少するワケではないのです。

 

 

スカルプD効果と評判|スカルプDで薄毛は改善されるのか? >>

このページの先頭へ